札幌の老人ホームや介護施設など、高齢者住宅の無料案内をしてます。

たくさんの老人介護施設の中からお客様のご要望にマッチした福祉施設をご案内します。

 

高齢者運転

どーもです!!

札幌老人ホーム相談センターの竹中です。

 

いやぁ・・・。

先日痛ましい事件がおきましたね。

 

最近なにかと話題になっている、高齢者運転。

認知症になられても気づかないで運転しているかた、多くいらっしゃるみたいですね。

 

先日、私の祖父も免許を返納致しました。

めちゃくちゃ説得したうえでの返納でした。田舎に住んでいて、車が必要なのはわかっているのですが

何かあってからでも遅いので、説得しました。買い物や欲しい物に関しては介護保険の制度を使ったり、スーパーの宅配サービスを使ったり。

なんとかなり、うまく生活しているみたいです。

 

それに免許を自主返納するかたってめちゃくちゃ少ないんですって・・・。

周りにいる家族の皆様も必要・状況に応じて説得するのもありだと思います。

そして、認知症。少しでも異変を感じたらすぐに病院へ。

あるべき方向に導いてあげるのが親孝行・おじいちゃん孝行になるんじゃないかと思います。

 

まぁ、若者もかなり危ない運転していますがね・・・。

なくならない飲酒運転・・・。

いつか、この世から交通事故がなくなりますように!!!

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

心結真駒内様の内覧会

こんばんわ!!

札幌老人ホーム相談センターの竹中です。

 

 

本日は、㈱会社エーディエルサポート様の心結真駒内の内覧会に参加させて頂きました!!

OPENおめでとうございます!!

 

 

 

非常に低価額で、自然に囲まれ景色も良くで穏やかな雰囲気で最高のご住宅でした!!

そして、小規模多機能併設で何より安心して生活ができます!!素晴らしいです!!

札幌老人ホーム相談センターとしてもおススメの物件です。ご見学希望者はいつでもご連絡下さい

 

そして、もうちょっとでGWですね!

10連休。 何しますか?w

私、人ごみ苦手なんでどこも行くつもりはないのですが、もったいないからどこか行くのかな。。。家族と相談。w

 

おススメな場所ありますか???

旅行も行く気になれないし。

なにしよう・・・・・・・。

 

では、またW

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

悩み

こんばんは!!!

札幌老人ホーム相談センターの竹中です。

 

今日は天気悪いですね。

週末はすっごく暖かったのに。体調崩しそう。。。

皆様も温度差で体調管理気お付けて下さい!!

 

さて、タイトルにもしましたが「悩み」

私のお客様で、色々な悩みを抱えた方がいらっしゃいます。

例えば、、、、、(直近5件のご相談)

・年金が少ないのに住宅に入居できるのか。

・集団生活をする自身がない、自由がほしい。

・お部屋でタバコが吸いたい、お酒が飲みたい。

・医療処置がある(インシュリン等)

・要介護度が5で安心して入居できる住宅はあるのか。

 

等々、そのほかにもたくさんのご相談があります。

上記と同じ「悩み」をかかえてる方に簡単に今までの実績をお話したいと思います!

 

Q年金が少ないのに住宅に入居できるのか。

A.もちろん可能です。

65000円~85000円(食費込)で入居できる住宅もございます。もちろん充実したケアも受けることも可能。

中にはお体の状況に応じて変動する、住宅もございます。お安いお値段の平均は約105000円くらいかなと思います。

 

Q集団生活をする自身がない、自由がほしい。

A.これも可能です。基本的にはサ高住(サービス付高齢者向け住宅)や高齢者向け賃貸住宅にご案内致します。

ただ、基本的には食事はほぼ1食は皆様と食べないといけないので、それだけは我慢する必要があります。

その他はある程度の自由が得れますので、お客様にあった施設をご案内致します。

 

Qお部屋でタバコが吸いたい、お酒が飲みたい

A.お酒は適度であればOKの住宅はございます。ただ、タバコはほぼ無理です。所定の喫煙所か禁煙か。

部屋での喫煙はあきらめるか、電子たばこであればOKなんていう住宅も中にはあるのでアイコス等に変更するかどちらかです。

 

Q医療処置がある(インシュリン等)

A.前回のブログ参照して下さいw

 

Q要介護度が5で安心して入居できる住宅はあるのか。

A.ものすごくあります。安価な住宅から高価な住宅まで寝たきりな方でも充実したケアを受けれる住宅は数多く存在します。

これもお客様のお体に応じて、ご紹介していますのでご案心下さい。

 

以上、ご参考下さい!!

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

インスリン注射について

  2019/04/11    介護ニュース

こんにちは(^^)

 

 

先日、厚生労働省がインスリン注射のサポートについて

介護事業者からの問い合わせに回答したそうです。

 

 

 

基本的に医学的な判断や技術がなければ、人体に危害を及ぼすおそれがある医行為は

医師のみが許されています。

今回のケースでは、介護職員や介助者によるインスリンの自己注射のサポートが医行為に

該当するかどうか問題でした。

 

 

 

 

厚生労働省の回答では、糖尿病を抱える利用者が行うインスリンの自己注射について

投与するインスリンの量を把握するために行う血糖値の測定などのサポートは違反しない

という見解でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはあくまで自分で注射ができるケースです。

介護職員がインスリン注射自体をすることはできません。

 

 

 

当センターでご相談を受けるケースでは

やはり糖尿病をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

インスリンの注射が必要な方、自己注射できる方、できない方、

またその回数などで、必要なホームの体制も変わってきます。

施設への入居検討時はその辺もご参考下さい。

 

 

 

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

 

 

車を買いました。

どうもです!!

札幌老人ホーム相談センターの竹中です。

 

先日、プライベートで車を購入しました!!!

いやーーー納車が楽しみ。

買い替えの理由が車検で中々の額が見積もりで来たのでそろそろ変え時かなと。。。

新年度心機一転、思い切ってみました!!

 

新元号も決まりましたね。令和!!

なので、今年度の抱負を決めました!!←(興味ないとか思ったそこのあなた。ごめんなさい)

その抱負は・・・痩せる!!!

 

前回のブログでも記載しましたが、禁煙の影響なのか、はたまた遅い成長期なのか・・・激太り。

私に去年会っていて、今年まだ会っていないそこのあなた。びっくりしますよwwww

10キロ以上太ってしまい、なんか身体がおもい。www

うーーーーーーん。やせないと。スーツやジーンズが入らないのなんの。嫁に怒られるしまつ。

でも、食べちゃうんですよね・・・。筋トレもやんなくなってしまった。

 

なので、新年度は痩せた、かつての美貌を取りもどす!!www

禁煙も継続し、マッチョを目指し、パーフェクトなメンズを目指します。www

 

 

皆様の相談員として、一メンズとしてさらにビックに飛躍して参りますので

今後とも何卒宜しくお願い致します!!!!

 

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

チーズハットグ(^^)

  2019/04/03    スタッフブログ

こんばんは(^^)

札幌老人ホーム相談センターのコジマです!

 

 

 

札幌もだいぶ雪解けがすすで春っぽくなってきたなー

って思っていたのに、昨日と今日は結構寒くて

雪も降ってましたねー^_^;

 

 

 

季節の変わり目、皆さん風邪などひかないようにご注意を!!

 

 

 

ところで、先日話題のチーズハットグ食べてきました♪

 

チーズハットグって知ってます?

 

 

「ハットグ」って韓国版ホットドッグのことらしく

具を串にさして衣をつけて揚げたものだそうです。

 

「チーズハットグ」なので、具がチーズということですね

 

 

 

大通の電車通り沿いにある「OGDOG(オージードッグ)」というお店で

いつも結構並んでます・・・・

 

屋台みたいない感じで、その場で買って受け取るのですが

ちなみに食べるところは無いのでご注意ください!

 

 

 

食券を買って、ソースを選んで注文します。

今回はスタンダードなケチャップとマスタードにしました。

他にシュガーとかハニーマスタードとかありました。

 

 

 

 

 

 

さっそく食べてみましたが、

これほんとにチーズがすごーーーくのびます(^^)

衣もサクサクでおいしかったですよー

 

 

 

 

是非機会があれば食べてみてください(^^)

 

ちなみにこの「OGDOG(オージードッグ)」さんから

当センターまで歩いて5分くらいです。

 

老人ホームや高齢者住宅をお探しの方は

是非当センターにもお越しください!!

 

来所でのご相談は事前予約をお願い致します。

お電話はこちらまで↓

0120-713-121

 

 

 

 

 

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠方からでもご相談ください!

  2019/03/16    未分類

こんばんは(^^)

 

札幌老人ホーム相談センターのコジマです!

 

 

 

わたくし、1月の末より週1で帯広へ出張に行っておりました。

帯広市内の病院へ訪問し、医療ソーシャルワーカーの方とも

お会いさせて頂きました。

 

 

もともとのお住まいは帯広市内や十勝管内だけども

退院後に一人暮らしはちょっと難しい。

っというケースがあると思います。

 

 

もちろん多くは帯広市内などで施設を探すのですが

なかなか空きがなくて入居できなかったり、

そもそも条件が合わないケースもあります。

 

 

 

今回は札幌市内に親族の方がおり

札幌で施設を探すというこでご依頼頂きました。

 

 

札幌市内は施設の数も多いので

もしご親族の方が札幌にいる場合は

住み慣れた土地を離れ、札幌へ移るというのも

一つの選択肢だと思います。

 

 

帯広に限らず、市外の方でも札幌で老人ホームをお探しの際は

是非、当センターをご利用下さい!

 

 

 

 

 

ちなみに帯広はおいしいものがたくさんありました。

一部ご紹介

 

↑言わずと知れた豚丼

いつも時間が遅かったので、帯広駅近くで遅くまでやってる「ふじもり」さんにて

ここはメロンソーダがサービスで出てきます!

 

 

↑これも有名、インデアンカレー

まちなか店はなぜか夜にいくとシーフードがいつも売り切れでした・・・

写真はインデアンカツ

 

↑クランベリーのスイートポテト

量り売りで、帯広駅内のお店はセルフレジでした

↑あくつのミルクロード

これメチャクチャおいしいです!

 

 

↑十勝乃長屋 雅楽さんにて

カウンターだけのお店ですが、一人でも入りやすかったです

料理もめちゃくちゃおいしい(^^)

 

 

 

 

 

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

禁煙談話その1(初日~1カ月)

こんばんわ!

札幌老人ホーム相談センターの竹中ですっ!!

 

天気、悪いですね。

せっかく洗車したのにもう汚いw

 

はい、本日のブログは「禁煙」についてお話したいと思います。

「禁煙」はシリーズ化していこうと思いますww

 

最近、よく高齢者の方からこんな相談を受けます。

「たばこ」を自由にのめる(吸える)老人ホームはないのかと。

はっきり言ってほぼないでしょう。基本的に火器現金なので、最低でも所定の喫煙所と言うのがルールになります。

理由としては、当たり前ですが火事の防止。集団生活になるのでもっともな事ですよね。

ですが、最近では喫煙所がない(外にある場合が多数)老人ホームが増えており、つい我慢できなくなり自室で吸って退去になってしまった

なんて話、結構聞きます。

そんな中、私、禁煙に成功したので、ここで体験談を語りますw

タバコをやめさせたいと思っているかた、やめたいと思っている方、是非参考にして禁煙チャレンジしてみて下さい!

 

【禁煙初日~3日目】

ほんとに辛かった。何度も何度も、、、タバコが頭に思い浮かぶ。

以外と初日は楽でしたが、2日目はほんとに辛かった。

身体の感じられる変化は特になし、ただイライラするだけでした。

 

【禁煙4日目~7日目】

ピークは脱する。ただもちろん吸いたい。

自分がタバコを吸っていたポイントが笑えるくらいわかるようになる。

イライラは少々改善され、禁煙が若干楽しくなる。

身体の感じられる変化は少々の頭痛が続いていた。今のところ禁煙で感じるメリットなし。

 

【禁煙7日目~14日】

このころから大分楽になり、タバコの存在を忘れかける。

ただ、日常でイラっとすると急激に吸いたくなる。そしてちょうど飲み会もありやはりお酒があると吸いたくなるが竹中、必死に耐える。

タバコを吸いたいイライラは嘘のように通常時は消えていった。

身体の感じられる変化は寝起きがよくなった。毎朝自分を起こしにきていた我が家の愛犬ちゃんですが喫煙時は疲れていると若干イラっとしましたが

このあたりから、ただただ、かわいい。

 

【禁煙14日目~30日目】

タバコを吸っている人がどーでもよくなり完全にタバコから離れられたと実感しました。

禁煙生活にも慣れ始め、心身共に快適に過ごせるようになる。

匂いからの解放や、喫煙所探しの解放によりますます禁煙が楽しくなる。

そして、貯金wwww(500円貯金)やばい楽しい。

身体の感じられる変化はこのころから味覚が変わり食べる量が増え現在で10キロ太りました。

 

【禁煙のメリット・デメリット】

メリット 身体が健康になります。ほんとに心身共にすごく充実した日々を過ごせます。

 

デメリット 最初だけ辛い。 太る。

 

以上、私が感じた事。

 

またいつか続き更新します。

 

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

24時間の営業

どうもお久しぶりでございます。

札幌老人ホーム相談センターの竹中ですっ!!

 

いやーーーーー。久々の更新。(笑)

大変嬉しいことに更新がない間、お客様からの相談が増え中々更新できずにいましたが、少しの落ち着きが見えてきたので

更新したいと思います。

ご相談頂いたお客様、本当にありがとうございました!!

 

 

って更新を思い立ったものの何を書こう。。。。。

 

タイトルにもしましたが、最近私的に気になるのは、「24時間営業」についてかな。。。

コンビニの24時間営業「いらない」と言うお声が多いとの事でしたが、私は全店舗ではなくてはいいが「必要」だと思います。

 

今は、通常の一般的な生活ですが、昔は私も介護職員でした。

単純な事ですが、夜勤もこなしていたので早朝や夜間帯に営業していないと結構厳しいのではないかと思います。

 

色々、買いたい物(食材や日用品)等夜型の生活者に「24時間」がなくなると厳しい気もします。

ただ、全店舗「24時間」当たり前も違う気がするし、、、なきゃないで何とかなるのだろうし。(笑)

でも、本当に報道をみてコンビニ経営も辛いんだなと思いました。

 

そんな「24時間」ですが、一般の世間では当たり前に思われがちの「介護士24時間」。

実は、夜間に介護士がいない有料老人ホームもあるのです。

要介護向けの有料老人ホームでも21時~23時の間で職員が退勤し、緊急時のコールは警備会社につながる仕組みになっています。

その為、かなり安価に有料老人ホームに入居ができ、経済的にも余裕をもって生活ができます。

向いている方の特徴は、当たり前ですが「夜」に不安がない事です。

 

本当に色々な特徴がある、サ高住、有料は多いです。

簡単な質問でもいいのでお気軽に弊社までご相談下さい!!

 

そんなこんなで、もうネタがないので・・・・。

あっ!!!!どーーーーーでもいい情報ですが、だいぶ前に更新した「禁煙」ですが、なんと・・・

まだ続いております。(笑)

今後は月別の禁煙した事による「変化」もブログで更新していこうかな・・・。

結構高齢者様でも、喫煙に悩まれている方が多いです。(喫煙が原因で退去等)

少しでも皆様のお役に立てればと思います。

 

それではこのへんで。

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112

 

 

北海道胆振東部地震

  2018/09/10    スタッフブログ

こんばんわ。

札幌老人ホーム相談センターの竹中です。

 

いや、地震の影響が凄かったですね。

皆さまは、怪我等されていませんでしょうか??

 

さて、今回の地震で身にしみた言葉があります。

それは「備えあれば憂いなし」ほんと身にしみて感じました。

懐中電灯もなければ、食料も丁度、尽きていた竹中家。(震災日に買い物へ行く予定でした。)

本当に、災害大国日本という事を忘れていました。

今後は、しっかりと物資を揃えて、いつ何が来てもいいように色々買いに行きます・・・・。

 

もう1つ心配だったのは、現在独居の祖父でした。

現状、要介護1で、まだまだ、1人の生活ができるレベルだったのですが、さすがに地震が来て心配になりすぐさま祖父宅へ。

大丈夫!と言うものの表情はかなりの不安げ。

そんな祖父が、地震が来て2日目、電気が復旧した時にぼそっと口にした事があります。

それは、「もう施設に入ろうかな・・・」と突然、漏らしたのです。

今まで頑なに入らないと言っていた祖父が・・・。正直びっくりしました。よっぽど怖かったのでしょうか。

 

確かに選択肢の1つとして施設への入所を検討すべきなのかなと思います。

皆さまも、同じような状況、または遠くにご両親・祖父母がいらっしゃる方、これを気に色々考えてみて下さい!!

 

また、まだ余震が続いています。今後もくれぐれもお気をつけて下さい。

雨も不安ですね・・・。

 

 

それでは、ここまで。

札幌老人ホーム相談センターの竹中でした。

 

 

札幌で老人ホーム、高齢者住宅をお探しの方は

札幌老人ホーム相談センターへ♪

TEL:0120-713-112